読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子工作を学ぶ(RaspberryPi)

IT Linux Raspberry Pi

先週ぐらいにRaspberryPiで電子工作の初歩やってみました。 初学者ゆえ、まずは真似から。

安定のブルーバックス本。実例がたくさんで電子工作する上で、軽く概要が知れてすぐに試せたのでケッコーおすすめかと。

www.amazon.co.jp

GPIO

まずRaspberryPiで電子工作する上で重要なものが、このGPIO(General Purpose Input/Output)というインターフェイス(ラズパイ上部のたくさん並んでるピン)かと。RaspberyPiから電圧をかけたり、値の出力、値の入力の制御ができます。それぞれのピンで役割が違います。(通信規格など。) パッケージを読み込んでPythonからコードを書いて動かします。このGPIOがあることで人気が出たのかもしれない。。

Worksheet - Physical Computing with Python | Raspberry Pi Learning Resources

ラズパイ3を手に入れた。(技適あるやつ買ったけど、箱とかにもマークないけど大丈夫なのか。。)#raspberrypi

以下はこの本から一部抜粋して試してみたものです。こんなことができます。

AD変換(アナログ→デジタル)かつSPI通信

アナログ情報をデジタルに変換するために、ADコンバーターを使って変換してます。下の写真の一番左の板チョコの切れ端(ゴキブリの○○○)みたいなものがそうです。 右にある半固定抵抗(回すと抵抗の値が変化する)をつかって電圧を変え、その値をアナログ値で読み込み、ADコンバーターでデジタル変換後、GPIOピンを使ってSPI通信で読み込みます。ここではSPI通信を使ってますがこれはADコンバータによるそうです。僕もSPI通信とはなんぞやということはわかりませんが、とりあえず従ってみました。

f:id:marchin-1989:20160516193756j:plain

部屋の明るさを測る

次はフォトレジスタCdSセル)を使って照度を図ってみます。おまけにある一定以上暗くなった場合、LEDを点灯させます。トイレが個室とかで、あればこれで使用状況とか測れそう。 f:id:marchin-1989:20160516193830j:plain

動画は以下。

フォトレジスタで遊ぶ。明→LED消灯暗→LED点灯#raspberrypi

部屋の温度を測り、小型液晶に表示させる

お次は部屋の温度を測り、小型液晶にI2C通信で表示させました。I2C用のGPIOピンがあるので、それを使えば楽々。 f:id:marchin-1989:20160516193851j:plain

モジュールを組み合わせて色々作れそう

いろいろ小さいことを試してみたけど、これを組み合わせれば簡単に面白そうなものが作れそう。部屋の自作オートメーション化も夢じゃない。